ブログ:ここから、サンクエル

寒い日が3日ほど続くと、そのあと4日ほど温暖な日が続き、また寒くなっていますが、今の季節、寒暖差が激しい時期です。身体は寒暖差に対応するため、交感神経が優位になりっぱなしになり、たくさんの体力が消耗されます。このため疲れを感じやすくなります。今回は、「春バテ」の予防・対策について話しします。
さくらの花が見事に咲いてますね。 少しづつ温かくなり、過ごしやすくなってきました。ただこの季節は、 激しい寒暖差などから、 なぜか、「だるい」「イライラ」「やる気がでない」などの症状があらわれていませんか? この季節、心身の不調を感じる人が多くいるそうで、そんな体調不良を『春バテ』と言うそうです。
梅の実は想像するだけで、唾が出てのどの渇きがなくなりますね。この唾、実は重要です。 今日は、最後まで、読んでいただいたら、健康な唾液がたくさんでますよ。
今日は、 「国際女性デー」女性の生き方を考える日らしいです。 20歳代後半くらいから、夢とか成功とか、そういうのを教わったり目指したりが始まりました。 「夫婦、家族仲良しな成功者」 の方々とたくさん触れる機会がありました。
今日は、高齢者の花粉症対策の注意点について話しします。 若い世代より少ないとはいえ、 高齢者にも花粉症に悩む方は多くいるため毎日の花粉症対策が必要です。 しかし花粉症対策の中でも 高齢者特有の注意すべき点があります。
若い世代と比べると、 高齢者(65歳以上)で花粉症を発症している方は少ない傾向にあること知ってますか? また、もともと花粉症の症状をもっていたのに年齢を重ねて症状が楽になったという方もいます。 それはなぜなのでしょうか?
みなさん自分の存在を感じていますか。 行動や成果で、 自分のことを判別してませんか?
冬場の入浴は場合によっては、 死と隣あわせであることは、間違いないでしょう。 高齢者の入浴事故がどのぐらい多く 何歳前後の方に多くて、どのようなシチュエーションでいつなんどきに起こるのか、その統計を調べてみました。
日常にあまり刺激が薄れてくる高齢者にとって、 入浴は大きな楽しみのひとつですね。 入浴は疲れをとり、 嫌なことを忘れさせてくれる至福のひとときとなります。 入浴が好きだという高齢者は多いと思います。 実際に、入浴には高い効果があるとされます。
みなさん、有酸素運動の有効性について、 ご理解いただけましたでしょうか? 有酸素運動は、認知症の予防にも効果を発揮します。

さらに表示する