もっと慎重に老化を受けよう

みなさん、こんにちは。

サンクエル 川野 です。

 

いつもご覧いただき、どうもありがとうございます。

 

今日は、前回の「老化」に引き続いて、

「老化」はいつからはじまるのか?についてお話しします。

 

老化とはいつから始まるのでしょうか。

 

 

個々の細胞のレベルで見てみると

老化は生まれた直後から始まるとも言えます。

 

 

ヒトの胎児から採取した細胞に対する研究で、

胎児から採取した細胞は、

およそ50回の分裂が限界であることが分かりました。

 

 

そして限界まで分裂した細胞を老化細胞と呼びます。

 

 

老化細胞では、

 

増殖能力がもとに戻れないように制御されており、

老化細胞に増殖を促す処理を施しても、

再度増殖が始まることはありません。

 

 

若い頃は機能の低下した細胞は取り除かれ、

 

新しい細胞が補充されることで、

 

組織としての機能を保ち、

老化を防ぐことができます。

 

しかし、年齢と共に細胞が入れ替わるスピードは遅くなり、

取り替えること自体ができなくなると、

 

組織の機能が低下し、徐々に老化が進行していきます。

 

やがて、細胞分裂の限界にまで達した細胞で

生きていかなければならなくなります。

 

 

老化の原因の1つは、

「活性酸素によって起こる体の錆び」

と考えられています。

 

 

活性酸素は、

身体の様々な部分を錆びさせる原因の一つですが、

 

活性酸素が体内にできる原因も様々あり、

 

呼吸をした際に吸い込む酸素の一部が

活性酸素となってしまったり、

 

車の排気ガス、

たばこ、

紫外線、

激しい運動や

心理的ストレスなども、

 

活性酸素の蓄積を誘発し、老化の原因になります。

 

 

また、老化のスピードは40歳代より加速するとされています。

 

その理由は、40歳代になると、

活性酸素を取り除いてきた「抗酸化酵素」の能力が

急速に減少してしまうから、と考えられています。

 

適度な有酸素運動は、老化を防ぐ効果もあるそうですよ。

 

今日も老化についてお話ししました。

 

今日もみなさんのこと応援してます。

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

株式会社サンクエル

 

 

 

感謝の気持ちをお伝えし、

 

感謝をいただく。

 

 

 

サンク(感謝を) エル(得る)

 

 

 

感謝  笑顔  あいさつ 日本一を目指して、

 

 

 

 

スタッフ一同"サンクエル"に取り組んでいます!