三寒四温、変わってきてます。

みなさん、こんにちは。

サンクエル 川野 です。

 

いつもご覧いただき、

どうもありがとうございます。

 

寒い日が3日ほど続くと、そのあと4日ほど温暖な日が続き、

 

また寒くなっていますが、

 

今の季節、寒暖差が激しい時期です。

 

身体は寒暖差に対応するため、

 

交感神経が優位になりっぱなしになり、

 

たくさんの体力が消耗されます。

 

このため疲れを感じやすくなります。

 

今回は、「春バテ」の予防・対策について話しします。

 

 

○起きたらすぐに朝の光を浴びる
太陽光を浴びるとセロトニンという物質が分泌されます。

セロトニンが不足すると、

寝つきが悪くなったり

眠りが浅くなったりと

睡眠に関わってきます。

朝起きて一番最初にカーテンを開けましょう。

 

○バランスの良い食事
朝ごはんをきちんと食べて、

3食バランスの良い食事を心がけましょう。

春に摂りたい食材は

イライラしやすいと思ったら気の高ぶりをおさえてくれる食材がおすすめです。


 例)せり、セロリ、三つ葉、きゅうり、あさり、緑茶、菊花 など


香りのある食材は気を巡らせてくれます。春風邪や花粉がつらい方におすすめ。


 例)セロリ、しそ、春菊、パセリ、生姜、ネギ、ミント、ジャスミン、ローズティー など

○あたたかい洋服
春は薄着になりがちですが、

日中は暖かくても夜はまだまだ冷えます。

すぐに服装を変えずに少しずつ変えましょう。

体温調整できる羽織りものや首を冷やさないよう

ストールなどを活用して冷えないようにしてくださいね。

 

○適度な運動
普段から少し、多めに歩いたり、

ストレッチをしたり、

無理のないよう適度な運動をしましょう。

毎日少しずつでも身体を動かすことが大切です。

 

○夜ぬるめのお風呂に入る
40
度以下のお風呂は副交感神経を優位にします。

おすすめは、

3840度のお湯にゆっくりつかってくださいね。

 

「春バテ」は、

体質を改善していけば怖くありません。

 

逆に、「春バテ」になっている状態は、

身体が弱っていたり、

生活が乱れているサインなのかもしれません。

 

春に体調が悪くなりやすい人は、

この機会に、「春バテ」に負けない

身体づくりを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

今日もみなさんのこと、応援してます。

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

 

株式会社サンクエル

 

 

 

感謝の気持ちをお伝えし、

 

感謝をいただく。

 

 

 

サンク(感謝を) エル(得る)

 

 

 

感謝  笑顔  あいさつ 日本一を目指して、

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ一同"サンクエル"に取り組んでいます!